Inside Google Marketing: SEO の効果を最大限に引き出すための 3 つのヒント

Sean O'Keefe Google 2019年2月 検索, 顧客体験(UI/UX)

Google も、企業として SEO  (検索エンジン最適化) に真剣に取り組んでいます。検索が Google のビジネスの中心である以上、当然だといえるでしょう。

ウェブサイトへのトラフィックを増やすには、ペイド メディア、ソーシャル メディアへの投稿、ディスプレイ広告をはじめさまざまな方法がありますが、効果的に設計された SEO は自然検索のトラフィックを増加させるための重要かつコストパフォーマンスに優れた戦略だといえます。事実、オンライン トラフィック解析企業 Parse.ly が、同社のネットワークのサイト運営者を対象に、直近 1 年間の参照元サイトを調べたところ Google 検索が全体の約半分を占めていることが判明しました。

とはいえ、SEO の成果を最大限に活用するには Google 検索の最新状況を常に把握しておくことが重要です。Google 社内のチームも例外ではありません。Google には約 7,000 のウェブサイトがあり、世界各地にある多数のプロダクト チームとマーケティング チームによって管理されています。これらのウェブサイトには毎日 200 以上の変更が加えられており、そのすべてが SEO に影響を与える可能性があります。Google のサイトが検索結果画面でどのように表示されるかという条件は他のウェブサイトとまったく同じであり、Google のチームもまた外部のウェブ担当者向けのガイドラインに準拠しています。

そのため Google は、ウェブサイトの SEO 戦略を緻密に策定し新たにどのような変更が追加されても対応できるようにしています。これらは、他のウェブサイト運営者にとっても役立つはずです。

1. 大きな成果を手にするには、小さな努力を継続すべき

単純すぎるようにも思えますが、ウェブサイト全体の SEO 戦略を絶えず微調整することで、結果的に大きな成果を生み出すことができます。たとえば Google マイビジネスのマーケティング サイトでは、インデックスに登録する URL を検索エンジンに伝える正規化など、「ウェブの基礎」として紹介されているベスト プラクティスを担当チームが実装したところ、自然検索のトラフィックが倍増しました1。

もちろん、相関関係が認められたとしても、必ずしも因果関係があるとは限りませんが、簡単な SEO を実施した結果、多くの Google サイトで自然検索のトラフィックが顕著に増加していることは事実です。

Google マイビジネスの SEO 改善後に自然検索のトラフィックが増加

Google マイビジネスの SEO 改善後に自然検索のトラフィックが増加

ウェブサイトの結果が思わしくない場合、問題の原因を突き止めるために、Search Console の新機能である URL 検査ツールURL 検査ツールをご利用ください。

2. 新機能は積極的に取り入れるべき

ユーザー行動の変化に対応し、より関連性の高いコンテンツを表示できるよう、検索機能は常に進化しています。たとえば現在、ウェブサイトへのトラフィックの 50% 以上がモバイルで発生しています。このような状況に迅速に対応するため、Google 検索では、AMPプログレッシブ ウェブアプリなどの新機能を開発しています。

 急速な変化に追いつくことは容易ではありませんが、Google が新たな変更を積極的に試したところSEO の成果によい影響が認められました。たとえば昨年は、Google Search Console の改善、構造化データの実装、Think with Google サイトへの AMP の導入を行いました。複数の URL で検出された同一のエラーを修正したところ、表示回数が 200% 増加しました。また、コンテンツの質が全体的に向上すると、強調スニペットに選ばれる頻度が上がることもわかりました。たとえば Google のサイトでは、表示回数が 1 日あたり 1,000 インプレッション増加しました。

新しい検索機能に対応した SEO を実施した結果、Think with Google の表示回数が大幅に増加

新しい検索機能に対応した SEO 対策を実施した結果、Think with Google の表示回数が大幅に増加

3. 可能な限り統合すべき

さまざまなユーザー層や地域をターゲットにしているという理由から、重複した内容のウェブサイトが複数存在してしまうというケースがあります。Google もそうでした。 最近の社内調査では、長年にわたってキャンペーン目標やマーケティング目標ごとに、ほぼ同じ内容のサイトを膨大に制作してきたことが明らかになりました。

 このアプローチには問題があります。コンテンツが重複することで、ユーザーだけでなく、検索エンジンも混乱させてしまうからです。小規模なウェブサイトをいくつも立ち上げるよりも、質の高いサイトを 1 つ制作するほうが、結果的に自然検索のトラフィックを増やすことができます。

 たとえば、上記のサイト調査を行った後、Google は Google for Retailのマーケティング ウェブサイトを徹底的に見直しました。6 つの古いウェブサイトを廃止し、それらのコンテンツを 1 つのウェブサイトに統合して質を高めたところ、行動を喚起するフレーズのクリック率が 2 倍になり、自然検索トラフィックが 64% 増加しました。

可能な限り統合すべき

この結果からわかるように、個別ページのパフォーマンスも重要ですが、SEO 戦略を成功させるには、ウェブのエコシステムを全体として捉える必要があります。

Google の SEO 戦略を自社サイトで活用するために

Google のサイトといえども、必ずしも SEO が最適化されているわけではなく、他社と同じ状況です。私たちは自社のウェブサイトをよりよいものにすべく、努力を惜しみません。本記事でご紹介した 3 点に集中することで、新たな変更に柔軟に対応でき、確実に成果を高め、かつすべてのウェブサイトに適用可能な SEO 戦略の策定ができるようになりました。

 ぜひ、貴社のウェブサイトに適した SEO 戦略を構築してください。詳細は Google の SEO スターター ガイドでご確認いただけます。

Google の新広告ソリューション ブランド: 貴社のビジネスにとっての意味