スマートスピーカーが生み出す新たな生活者行動: 5 つのポイント

Sara Kleinberg 2月 2018 検索

この冬、ホリデーシーズンの人気のギフトとして、スマートスピーカーが注目を集めました。これからの 1 年間で、生活者はこの新しいデバイスに慣れて、毎日の生活に取り込んでいくでしょう。Google は、この新たなデバイスが生活者の行動をどのように変えるのか見極めるべく、アメリカのスマートスピーカーの所有者に調査を行いました。

 

この冬、ホリデーシーズンの人気のギフトとして、スマートスピーカーが注目を集めました。 これからの 1 年間で、生活者はこの新しいデバイスに慣れて、毎日の生活に取り込んでいくでしょう。 Google は、この新たなデバイスが生活者の行動をどのように変えるのか見極めるべく、アメリカのスマートスピーカーの所有者に調査を行いました。 その結果、以下の 5 つのポイントが浮かび上がってきました。

毎日をもっと便利に

スマートスピーカーを所有するユーザーは、スマートスピーカーに向かって話しかけるのは、文字を打ち込むより、効率的だと語ります。ユーザーがスマートスピーカーを利用する主な理由は以下のとおりです。

1. マルチタスクが簡単
2. 他のデバイスよりも迅速に対応できる
3. 瞬時に欲しい情報や答えを得ることができる
4. 生活におけるルーティン作業の負荷を軽減

いつも暮らしの中心に

スマートスピーカーは家の中心に置いてあり、誰でも利用できます。 だから、気になったことがあれば、すぐ問いかけることができるのです。

スマートスピーカーの設置場所

JA_1178-CES-Voice-Research-01

ルーティン作業をサポート

スマートスピーカーによって、通勤時間の確認や買い物のリマインダーといった、いくつかのルーティン作業は、話しかけるだけでよくなったのです。 もう、手書きのメモは不要です。 ユーザーは、ストレスなく、より多くの作業をこなすことができるようになりました。

JA_1178-CES-Voice-Research-02

より人間らしく。テクノロジーとの新たなつながり

ユーザーは、まるで誰かに語りかけるようにスマートスピーカーと会話します。 「よろしく」や「ありがとう」、そして時には「ごめんね」と語りかけることもあります。 スマートスピーカーは、単なる目新しいガジェットではありません。親友のような存在だとすら言えます。

JA_1178-CES-Voice-Research-03

ブランドの新たなプラットフォーム

スマートスピーカーを所有する人々は、ブランドが提供するサービスを新たなブランド体験の一部として前向きに捉えています。 人々は、生活に合った役に立つ情報であれば、積極的に受け入れるのです。

スマートスピーカーの所有者がブランドに期待するもの

JA_1178-CES-Voice-Research-04
ユニリーバの CMO が選んだ、生活者の期待値を上回った 3 つのキャンペーン