YouTube 動画広告:比較検討に効いたクリエイティブ

トゥアン マイ 2019年9月 ビデオ

YouTube 動画広告では「ブランド効果測定」を活用し、その広告効果を測定できます。広告効果を「ブランド認知」「広告想起」「検索上昇率」といったブランドリフトの指標で、マーケティングの目的の応じた効果を検証できるのです。

この記事では、2019 年 1 月 1 日~ 6 月 30 日に配信され、ブランド効果測定が行われたYouTube 動画広告から、商品やサービスを購入する際に比較検討の対象として含めたかどうかを測定できる「比較検討」の指標で顕著な効果がみられた動画広告を紹介し、具体的な手法や発想のヒントを考察していきます。

視聴者に直接語りかけ、注意喚起を促す

登場人物が積極的に視聴者に語りかけ、動画への注目を醸成することは、比較検討を高めるためにも重要です。“つかみ”のイントロから動画の締めまで、メッセージラインの構成を考え、いかに簡潔に伝えられるかもポイントです。

トーンモバイル

doda |【デューダ子】

三井ダイレクト損保

課題と解決方法を具体的に伝える

商品やサービスの特性を分かりやすく伝え、具体的な解決方法に導くことで、視聴者がその特徴への理解を深め、比較検討を効果的に促進させることができます。差別化のポイントを明瞭にし、販促テロップや全編字幕、ボイスオーバー処理などを動画にうまく組み込むことも、有効な手法です。

楽天モバイル

ネスレ日本

体験を実感させる

旅行や飲食、生活習慣など、視聴者が日常生活で感情移入しやすいシーンを描写し、実体験を具体的にイメージさせることで、比較検討を向上させることができます。音の使い方やビジュアル、フレームのデザインなども、動画への注目を醸成する重要な要素です。また、スマートフォンからのアクセスを考え、動画を縦型にしたり、商品サムネイルを常時掲載するといったことで、モバイルでより効果を高めることができます。

日本航空

味の素

ストーリーを明確に作り込み、顧客にしっかり伝える

長尺であることを、最大の武器にすることもできます。伝えるべき物語や体験談、エピソードを時間にとらわれることなくしっかりと構成し、メッセージを届けたい視聴者に的確に伝えることで、コンテンツに引き込むことができ、比較検討にも効果を発揮します。

TOYOTA GAZOO Racing

住友生命

以上の考察が、より効果的な動画広告制作へのヒントとなれば幸いです。

チラシから YouTube 動画広告へ- 来店単価を大幅に削減した IDOM の事例