「チャネルファーストではなく、ユーザーファースト」──モバイルエクスペリエンスを向上するために:The Update

「チャネルファーストではなく、ユーザーファースト」──モバイルエクスペリエンスを向上するために:The Update

Series
The Update
Guests
マーヴィン・チョウ: Google コンシューマー アプリ マーケティング担当副社長
ナタリー・ズムーダ: Think with Google グローバル エグゼクティブ エディター
Published
2020年9月

「モバイルの進化に伴い、企業はチャネルファーストではなく、ユーザーファーストで考えなければなりません」と Google のマービン・チョウ(コンシューマーアプリマーケティング担当副社長)は話します。

Google は、創業以来あらゆるサービスで、ユーザーを第一に考えたエクスペリエンスを提供してきました。モバイルにおけるデジタルマーケティングが重要性を増す昨今は、モバイルエクスペリエンスにおいても、“ユーザーファースト”を心がけることが重要です。

The Update シリーズ第 4 回は、モバイル エクスペリエンスをいかに向上させるかについて、Think with Google のナタリーズ・ムダ(グローバルエグゼクティブエディター)が、チョウに聞き、企業が直面しがちな課題の解決策について議論します。

*字幕が日本語で表示されない場合は、動画右下の「設定(歯車マーク)」から、字幕を「Japanese」にしてご覧ください。

*動画で紹介した一部の広告製品は、日本での展開を予定しておりますが、現時点で提供時期は未定です。

新商品紹介 オンラインコマース編