広告の安全性および透明性向上のために(Ads Safety Report 2021 年版)

スコット スペンサー / 2021年3月

私たち Google は、提供するプラットフォーム上でのコンテンツの収益化や、皆さんが目にする広告の掲載可否を判断するとき、安全なユーザー体験の確保を何よりも重視しており、これを実現すべく積極的に努めています。

ユーザーを守り、広告エコシステムの信頼性を維持していく上で、ポリシーの策定や一貫した審査の実施は、非常に重要な取り組みのひとつです。

Google は Ads Safety Report(英語)を毎年公開しており、2021 年はその初公開から 10 年を迎えます。本レポートでは、Google の広告プラットフォーム上での悪意ある利用を防止する取り組みをまとめています。広告エコシステムにおけるポリシー違反防止対策の透明化は、私たちの長年の優先事項であり、特に 2021 年はこれまで以上に多くのデータを公開しています。

Ads Safety Report は、Google のプラットフォーム上における広告の仕組みの透明性向上を目指した多数の取り組みの 1 つにしかすぎません。レポート以外にも、2020 年春には広告主の身元確認プログラムを導入し、現在、20 カ国以上で展開しています。同プログラムを通じて確認された広告主名とその所在地は、「広告の表示について」でも公開され、表示されている広告を誰が出稿しているのかをユーザーが確認できるようにするだけでなく、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

大規模なスケールでの措置

2020 年は「新型コロナウイルス感染症の拡大」「世界各地で実施された選挙」「オンラインで人々を欺く悪意ある第三者との絶え間ない戦い」の年であり、まさに Google のポリシーやポリシー違反に対する措置の真価が試されました。ユーザー、クリエイター、パブリッシャー、広告主といった皆さまに安全なサービスを提供すべく、何千人もの従業員が昼夜問わず対応しました。その結果、広告主向け、パブリッシャー向けに 40 以上のポリシーを追加・更新した他、ポリシー違反を理由に、約 31 億件の広告をブロックもしくは削除しました。また 64 億件の広告について、パブリッシャーが許可した場合にのみ広告が表示される「制限付き」の扱いに変更しました。

ポリシー違反への対抗措置は、必ずしも画一的なものではありません。今回のレポートには、初めて広告の制限に関する情報が含まれています。これは対抗措置全体の戦略において中核を占めるアプローチであり、特定の広告を制限付きの扱いとすることで、広告表示が可能な国や地域、現地の法律、そして、Google の認定プログラムの規定に沿って、広告の表示先を調整するものです。

このアプローチに則って承認を受けた「制限付き」広告は、規制を遵守した合法かつ適切なコンテンツとしてユーザーに表示されます。たとえばGoogle では、オンライン薬局に対して認定プログラムへの参加を必須としています。認定を取得したオンライン薬局の広告は、処方薬のオンライン販売が許可されている特定の国でのみ表示されます。このような「制限付き」の措置は近年、国ごとに強化される広告規制への対応するだけでなく、広告主が国境を越えて幅広く展開する広告キャンペーンへの影響を最小限に抑え、かつ、地域ごとの要件の遵守を支援する効果的な手法であると考えています。

新たな脅威への迅速な対応

2020 年 1 月、世界各地で新型コロナウイルス感染症の感染者数が増加した際、Google では消毒剤、マスク、紙製品など、需給がひっ迫した製品の不当な値上げや、虚偽の治療法を宣伝する広告などを阻止するため、デリケートな事象に関するポリシーを適用・施行しました。その後、保健機関からの新型コロナウイルス感染症に関する新たなガイダンスの発表を受けて、Google もポリシーの適用方針を改訂しました。

こういった時勢に乗じた悪意ある利用を阻止する一方で、医療機関や保健機関、地方自治体や信頼できる企業が提供する、重要な最新情報や信頼性の高い情報を見つけやすくするために、さまざまな取り組みを行っています。また、新型コロナウイルスの起源や感染拡大に関する非科学的な主張や陰謀論のオンラインでの拡散を受けて、Google では新型コロナウイルス感染症やその他のグローバルな医療の緊急事態に関連するもののうち、科学的根拠を伴わない広告の公開および収益化を禁止する新たなポリシーを導入しました。

Google ではまた、パブリッシャーのポリシー遵守をサポートするために、ウェブの効果的かつ大規模なスキャンを実現できる自動検出技術への投資を継続的に行っています。これらの投資に加え、新たなポリシーを策定し、ポリシー違反に対する措置も強化しました。その結果、パブリッシャーのページから広告を削除した件数は、2019 年の 2100 万件から 2020 年には 13 億件にまで増加。また、広範囲における違反や悪質な違反のあった 160 万以上のパブリッシャーにおいては、サイト全体に対して広告提供を停止しました。

これにより、「奇跡的な治療薬」や「供給不足の N95 マスク」、最近では「偽装ワクチン」といった新型コロナウイルス感染症に関連する虚偽の広告を 9,900 万件以上ブロックしました。今後も悪意ある第三者を監視、研究し迅速に対処することで、将来起こり得る詐欺行為などに十分対応できる体制を整えていきます。

最新型の不正や詐欺との戦い

新型コロナウイルス感染症の拡大や災害などの事象が起きると、悪意のある第三者はオンライン上でもこれらを悪用した不正行為を試みます。実際に 2020 年も、悪意のある広告や不正な行動が増加しました。たとえば、クローキングを行ったり、実在しない架空の事業名を名乗ったり、電話を使った詐欺広告を出稿し、Google の検出システムから逃れる、もしくはユーザーを Google のプラットフォーム外へと誘導するケースの増加が見られました。

2020 年には、こうした悪質な行為に対し、下記のような対策を講じました:

  • 広告主の身元確認プログラムおよびビジネスオペレーションの適格性確認プログラムを含む、複数の新たなポリシーやプログラムを導入
  • 複数アカウント間での周到な準備のもとに実行される悪質な行為を、より適切に検出する技術への投資により、アカウント間のつながりを特定し、複数の悪質なアカウントを一括停止
  • ネットワークからのシグナル、アカウントの過去の活動、行動パターン、ユーザーのフィードバックに基づいた自動検出技術と手動による審査プロセスの改善

2020 年、ポリシー違反を理由に停止した広告主アカウント数は 100 万件から 170 万件へと 70% 増加しました。また、クローキングなどの手法で Google の検出システムを逃れようとした 8 億 6,700 万件以上の広告、そして不実表示に関するポリシーに違反をしていた 1 億 100 万件の広告をブロックまたは削除し、合計するとその数は 9 億 6,800 万件を超えました。

世界各地での選挙を守るために

世界各地の選挙において、広告は有権者が候補者や投票手順について信頼できる情報源にアクセスするために有用です。過去数年間にわたり、Google はプラットフォーム上で選挙広告を展開できる人や広告の運用方法について、厳格なポリシーと制限を導入してきました。たとえば、米国、英国、EU、インド、イスラエル、台湾、オーストラリア、ニュージーランドでは、包括的な政治広告ライブラリを立ち上げるとともに、世界各地のチームと協力し Google のプラットフォームの不正使用を阻止してきました。

世界各地で確認プログラムを継続的に拡大し、2020 年には新たに 5,400 以上の選挙広告主を認証・確認しました。米国では、大統領選挙の結果が直ちに決定しないことを受け、これがデリケートな事象に関するポリシーに該当すると判断し、投票終了後から 12 月上旬までの間、米国における政治広告停止の措置を取りました。この期間中、500 万件以上の政治広告を一時停止し、選挙や候補者、および選挙結果に言及する 30 億件以上の検索結果ページ上での広告表示も停止しました。これらの措置は、広告が選挙後の混乱を増幅させる可能性を抑えるために講じられたものです。

ヘイトスピーチと暴力を扇動するコンテンツの広告収益化停止

2020 年はメディアの重要性がいっそう強く再確認された 1 年でもありました。私たちは、広告主とメディアをはじめとするパブリッシャーをつなぐためのツールを提供し、デジタル広告を通じた信頼性の高いコンテンツの制作を継続的に支援しています。また、ポリシーを設け企業やブランドとユーザーの双方を保護する取り組みを行っています。

2017 年には、ユーザーが書き込んだコメントも含めページ単位でより詳細な審査を行う方法を導入しました。これにより繰り返される違反を阻止し、広告主にとって悪影響をもたらし得る広告出稿から保護する一方、パブリッシャーにおけるより広範囲なサイト運営の継続を実現しています。ページ単位の是正措置の導入後も、自動検出技術に継続的に投資を行ってきました。この技術が、特に今年増加したネット上でのヘイトスピーチや暴力への呼びかけを検出し、有害なウェブコンテンツの収益化を防ぐことにつながりました。危険または中傷的なコンテンツに関するポリシーに基づき、1 億 6,800 万ページに対して措置が講じられました。

2021 年も取り組みを継続

意思決定において、ユーザーの安全性を追求することが、より広範なエコシステムにとってプラスの影響をもたらすと私たちは信じています。また、広告主やパブリッシャーの長期的な事業の成功のために、安定した信頼関係は欠かせません。今後も Google では、潜在的脅威を予見し対処していくために、広告ポリシー、専門家チーム、是正措置を支援する技術といった分野への投資を続けていきます。また、透明性を高め、広告体験についてより多くの情報をすべての人に開示していくために、確認プログラムも拡大していきます。

よりプライバシーに配慮したウェブの実現にむけて