日本語訳付き:米国大手の薬局チェーン、オムニチャネル化は「会社自体の改革」だ──ウォルグリーンは顧客中心マーケティングでビジネスをどう成長させたか:The Update

日本語訳付き:米国大手の薬局チェーン、オムニチャネル化は「会社自体の改革」だ──ウォルグリーンは顧客中心マーケティングでビジネスをどう成長させたか:The Update

Series
The Update
Guests
ルーク・キゲル: Vice President of Media and Omnichannel Planning, Walgreens
ローレンス・コール: U.S. Head of Multichannel and Consumer Goods, Google
Published
2020年12月

外出自粛などの影響で、人々のニーズや期待は大きく変化しました。新しい日常の中で、実店舗かオンラインかを問わず、顧客とつながりニーズを満たす必要性が増しています。米大手の薬局チェーンである Walgreens(ウォルグリーン)は、コロナ禍においてオムニチャネル化をどのように進めてきたのでしょうか。ウォルグリーンには 9,000 以上の店舗があり、米国民の 8 割が最寄りの店舗まで徒歩 5 分圏内に住んでいるというメガチェーンです。

オンラインショッピングがますます重要になる中、ウォルグリーンがオムニチャネル化を進めた過程を、同社のルーク・キゲル氏(Vice President, Media & Omni-Channel Planning)は「会社自体のデジタル変革といっても過言ではなかった」と言います。

動画では、ウォルグリーンがオムニチャネル改革を実行するにあたって、Google のキャンペーンをどのように利用したかなどを話しています。

*字幕が日本語で表示されない場合は、動画右下の「設定(歯車マーク)」から、字幕を「Japanese」にしてご覧ください。

*動画で紹介した一部の広告製品は、日本での展開を予定しておりますが、現時点で提供時期は未定です。

日本語訳付き:コロナ禍だからこそ優良な見込み客の獲得が重要──購入意向を引き出し、新しい顧客とつながる方法:The Update